いわき市の不動産売却|千信不動産合同会社 > 千信不動産合同会社のスタッフブログ記事一覧 > 地震保険について

地震保険について

≪ 前へ|雑談 マンバメンタリティ   記事一覧   抵当権付き建物の売却依頼|次へ ≫

地震保険について

カテゴリ:いわき市不動産売却 いわき市不動産

お世話になります。

千信不動産の赤間です。


前回は火災保険についてご紹介しましたが、

今回は、地震保険とあわせてご紹介します。

 

火災保険は火災や風水害などが原因で建物に損害を受けた時に補償される保険です。

家財保険は家具や家電製品といった生活用の動産にかける保険です。

地震保険は地震による損害を補償してくれる保険です。

 

注…地震が原因で建物に損害が出た場合は火災保険からではなく地震保険から保険金を支払われるようになります。火災保険からは地震が原因での損害は保険金が支払われないので注意してください。

 

地震保険は4つの特徴があり、

     火災保険(家財保険)とセットでないと加入できない。

     公共性が高い保険(政府と保険会社が共同運営している。)

     どの保険会社でも保険料と補償内容が同じ

     居住用の建物しか契約できない。

 

このような背景は地震保険に関する法律に基づいており、

地震保険は火災保険、家財保険それぞれの保険金額の最大50%までしか付帯できません。

 

例えば、2000万円の火災保険をかけている建物には、最大1000万円までで、

1000万円の家財保険をかけている家財には最大500万円まで

となっています。

※地震保険は上限設定されており、建物は5000万円まで、家財は1000万円までとなっています。

 

また、保険金が支払われるのは住宅の主要構造物(柱や壁、屋根や基礎など住宅の構造耐力上主要な部分)で損害に応じて、全損・大半損・小半損。一部損にわけられ支払われます。

 

地震保険は一定以上の損害がでないと、保険金がもらえず加入する意味がないと思いますが、地震保険料は所得控除が受けられます。

 

このように、火災保険は実際の損害に応じて保険金が支払われますが、地震保険は損害の程度に応じて異なります。

地震保険は、火災保険に比べて複雑となっていますので、安易に判断せず、

大切な資産ですので、必ず保険の専門家にご相談してください。

 

≪ 前へ|雑談 マンバメンタリティ   記事一覧   抵当権付き建物の売却依頼|次へ ≫
  • 売却査定
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
    本日の更新件数
    ロード中
  • 更新情報

    2022-08-03

    道路として認められていない土地の画像

    道路として認められていない土地

    お世話になります。千信不動産の赤間です。昔からある住宅地に見受けられるのですが、 それぞれ自分の土地に道をつくって使用している場合、 建築基準法の道路に該当しない場合があります。 &...

    2022-06-20

    未登記建物についての画像

    未登記建物について

    お世話になります。千信不動産の赤間です。未登記建物の不動産売買について   不動産業に携わっていますと、 昔からのお住まいの家や、都市計画区域外の家、または増築した家などに...

    2022-06-18

    不動産売却後の税金(取得費)の画像

    不動産売却後の税金(取得費)

    お世話になります。千信不動産の赤間です。譲渡所得において、最も大事になるのは取得費になります。 理由は、売却益は取得費によって大きく変わると、それに伴い譲渡税(所得税・住民税)をおおく支払うよう...

    更新情報一覧

  • スタッフ紹介
  • 内部ブログ
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • Twitter
  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    千信不動産合同会社
    • 〒973-8403
    • 福島県いわき市内郷綴町柴崎54
      ヒルサイドマンション 102号室
    • TEL/0246383576
    • FAX/0246383656
    • 福島県知事 (1) 第3503号
  • QRコード
  • いえらぶポータル物件掲載中

トップへ戻る