いわき市の不動産売却|千信不動産合同会社 > 千信不動産合同会社のスタッフブログ記事一覧 > 石綿(アスベスト)について

石綿(アスベスト)について

≪ 前へ|媒介契約とは   記事一覧   不動産の悩み|次へ ≫

石綿(アスベスト)について

カテゴリ:いわき市不動産売却

お世話になります。

千信不動産の赤間です。


令和4年4月1日から、建築物等の解体・改修工事を行う施工業者は、大気汚染防止法に基づき当該工事における石綿含有建材の有無の事前調査結果を都道府県等に報告するが義務づけられていますが、

 

石綿(アスベスト)とはなんぞや?

1970年代後半から1980年代にわたって輸入されていた石綿の多くは建材におおく使用されていたといわれており、現在では肺がんや中皮腫の原因となりえるものに指定されています。

一般的に日常生活においては飛散する恐れは少ないようですが、建物の解体時、改修時に作業者等が吸い込んだり、飛散するおそれがあります。

 

石綿について、たびたび問題をとりあげられており、以下の厳しい条件が義務化されました。

 

 石綿の事前調査結果の報告対象は、以下のいずれかに該当する工事 (令和4年4月1日以降 に工事に着手するもの) で、個人宅のリフォームや解体工事 なども含まれ ます 。

【報告対象となる工事】

o    建築物の解体工事(解体作業対象の床面積の合計80 ㎡以上)

o    建築物の改修工事(請負代金の合計額100万円以上(税込))

o    工作物の解体・改修工事(請負代金の合計額100万円以上(税込))

o    石綿障害予防規則に基づき労働基準監督署にも報告する必要があります。

石綿障害予防規則に基づく報告は、上記に加え、鋼製の船舶の解体又は改修工事
(総トン数20トン以上)も必要です。

 

建物解体工事はもとより、改修工事を行う場合も、税込み100万円以上の工事にも義務付けられていることをみると安全なためとはいえ結構な負担増になる感じがします。

 

こういった改正がなされるのは、人々の「健康第一」を思ってなのでしょうね。



お問い合わせはこちら

 

≪ 前へ|媒介契約とは   記事一覧   不動産の悩み|次へ ≫
  • 売却査定
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
    本日の更新件数
    ロード中
  • 更新情報

    2022-08-03

    道路として認められていない土地の画像

    道路として認められていない土地

    お世話になります。千信不動産の赤間です。昔からある住宅地に見受けられるのですが、 それぞれ自分の土地に道をつくって使用している場合、 建築基準法の道路に該当しない場合があります。 &...

    2022-06-20

    未登記建物についての画像

    未登記建物について

    お世話になります。千信不動産の赤間です。未登記建物の不動産売買について   不動産業に携わっていますと、 昔からのお住まいの家や、都市計画区域外の家、または増築した家などに...

    2022-06-18

    不動産売却後の税金(取得費)の画像

    不動産売却後の税金(取得費)

    お世話になります。千信不動産の赤間です。譲渡所得において、最も大事になるのは取得費になります。 理由は、売却益は取得費によって大きく変わると、それに伴い譲渡税(所得税・住民税)をおおく支払うよう...

    更新情報一覧

  • スタッフ紹介
  • 内部ブログ
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • Twitter
  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    千信不動産合同会社
    • 〒973-8403
    • 福島県いわき市内郷綴町柴崎54
      ヒルサイドマンション 102号室
    • TEL/0246383576
    • FAX/0246383656
    • 福島県知事 (1) 第3503号
  • QRコード
  • いえらぶポータル物件掲載中

トップへ戻る