いわき市の不動産売却|千信不動産合同会社 > 千信不動産合同会社のスタッフブログ記事一覧 > 共有管ってこんなものです?

共有管ってこんなものです?

≪ 前へ|耕作されていない農地について   記事一覧   建物解体前の残置物について|次へ ≫

共有管ってこんなものです?

カテゴリ:いわき市不動産売却


お世話になります。

千信不動産、赤間です。

土地購入の際に共有管が埋設されている!といった事例をとりあげてみたいと思います。

ちなみに私は長年水道所業者としてお仕事をしてきましたので、不動産屋の中でも

この水道に関してかなり詳しい方です。

では早速解説していきましょう(^^)

共有管て聞くと、引いちゃう方がおおいと思います。

 

例えば、上水道共有管φ30(30ファイとよびます)が、自分の敷地に埋設されている!

 

確かにこれはこれで、悩む方がおおいと思われます。

 

では、φ30と聞くとどのくらいの口径(太さ)で、どのくらいの深さに埋設されているかわかりますか?

 

管種にもよりますが内径約3cm、外径でしたら約4cmの太さです。

埋設深度は敷地内でしたら、敷地表面から深さ約40cmに埋設されているのが一般的です。

 

ですので、意外と建築するのに移設しやすく邪魔にならないものなのです。

なぜかといいますと、

 

建替えの際に共有管を下図のように移設してしまう。




民法の相隣関係や、第一種低層専用地域を鑑みても、

外壁後退距離たるものが定められています。

詳細は割愛しますが、それを踏まえてもおおきな問題にはならないのかな

と感じます。

 

では、漏水した場合どうするの?

漏水部は主に継手部で発生します。新しく移設替えしたのでそう簡単には漏水しないと思いますが、仮に共有管から漏水した場合は、乙止水栓まで水道局で対応してくれます。

※どうしても気になる方は水道局で確認してください。


これを聞いて、共有管のイメージが変わったかたもおおいのではないでしょうか?

ただし、水道メーターは同径のものを使用する場合になります。

 

このような土地を購入する場合は、同地域と比べてみても安く設定されていることがありますので、お買い得かもしれませんね。

 


 不動産のことでちょっとでも不安・心配と思いましたら、千信不動産までご相談ください。

千信不動産では、相談無料・秘密厳守で「任せて良かった」と思われるよう誠意をもってご対応・ご提案して参ります。

千信不動産では売却物件募集中です。
不動産売却をお考えがありましたら是非、千信不動産までご相談ください。
ご連絡お待ちしております。




































≪ 前へ|耕作されていない農地について   記事一覧   建物解体前の残置物について|次へ ≫
  • 売却査定
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
    本日の更新件数
    ロード中
  • 更新情報

    2022-05-22

    新築を考えている方にの画像

    新築を考えている方に

    これから新築を考えている方必見です。   新築を計画する際に、 地盤を気にする方は多いかと思います。   地震大国に住んでいる以上、 気にしない...

    2022-05-08

    変動金利と固定金利の違いについての画像

    変動金利と固定金利の違いについて

    お世話になります。千信不動産の赤間です。本日はローンのお話をサクッと言ってみましょう!住宅を購入するのに、住宅ローンを利用すると思います。 住宅ローンを利用する場合には、変動金利にするか?固定金...

    2022-05-06

    雑談「村田諒太 世紀の一戦の果てに」の画像

    雑談「村田諒太 世紀の一戦の果てに」

    お世話になります。千信不動産の赤間です。久々の連休で、今まで見そびれていた録画を 見ることができました。   クローズアップ現代「村田諒太 世紀の一戦の果てに」 &n...

    更新情報一覧

  • スタッフ紹介
  • 内部ブログ
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • Twitter
  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    千信不動産合同会社
    • 〒973-8403
    • 福島県いわき市内郷綴町柴崎54
      ヒルサイドマンション 102号室
    • TEL/0246383576
    • FAX/0246383656
    • 福島県知事 (1) 第3503号
  • QRコード
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る